あなたの学校・教育現場で

「Voice~伝える先に見えるもの~」

上映しませんか?

※YouTube等で配信中の映像とは内容が一部異なります。総尺25分のドキュメンタリー映画です。

このドキュメンタリー映画は、多汗症という疾患の認知を広めるため、

患者の一人である監督自身がクラウドファンディングで資金を集め、制作に至りました。

ただ、更なる認知向上と、当事者がより生きやすい世の中にしていくためには、継続的な活動が重要だと考えます。

特に、思春期の生徒・学生に向けて発信していくことは、大変重要であると強く感じています。

​この想いに共感してくださる方へ、教育機関向けに自主上映ができる仕組みを作りました。​

監 督:本間 洸貴

ジャンル:ドキュメンタリー

制  作:2019年

​上映時間:25分

あらすじ

「多汗症」日常生活に支障を来たすほどの大量発汗が生じる疾患。

 

根本的な治療法はなく、特効薬もない。認知度が低く、周囲に理解されづらい事から、自らの病状を隠す患者も多い。その特徴から「サイレントハンディキャップ~沈黙の障害~」とも呼ばれている。

 

そんな環境下に置かれた多汗症患者は、何を感じ、症状と向き合うのか。多汗症患者自らが監督となり、カメラを回し、実態に迫っていく。

 

その取材過程で出会った一人の女性シンガーソングライター。彼女が音楽を始めたきっかけも多汗症だった。今まで言えずにいた胸のうちをワンマンライブでついに打ち明ける・・・。

監督コメント

今回の作品のテーマである、「多汗症」。

監督である私自身も、この疾患を抱えている一人です。

世間的にこの疾患のことはあまり認知されておらず、

生きづらい思いをしている当事者の方が多いです。

この疾患の認知度の低さを何とか変えたいと、今回の企画に至りました。

 

この疾患の悩みは、学生時代も、そして社会人になってからも、決して消えることはありませんでした。とにかく、認知度があまりにも低いから"ただの汗かき”で終わってしまうことが多いです。そうした現状を変えたかった。この現状を伝えたかった。だから私はこの現状を”映像”という形で表現しようと思いました。

 

当事者のみならず、行き詰まりや壁を感じている人々に『一歩踏み出す勇気』を与えられることができればとても嬉しく思います。

Profile_square.jpg

​申込の流れ

STEP1

白紙のファイルアイコン.png

​このページ最下部にある申込ページより、

必要事項を記入し、送信してください。

​申込期限は、上映日の14日前までとさせていただきます。

STEP2

メールの無料アイコンその8.png

申込内容を確認させていただき、​問題が無ければ、

上映用の動画URLと視聴後アンケートのデータを送付致します。​

事前の上映チェックと、アンケートを視聴人数分、印刷をお願いします。

※視聴後アンケートの内容はこちら

STEP3

ムービーの再生ボタン2.png

上映当日。

アンケートの配布・回収のご協力もお願いします。

​上映は25分ですので、授業内でも使用しやすいかと思います。

STEP4

アンケートシートのフリー素材.png

上映終了後、1週間以内にアンケート用紙をご返送ください。

​お申し込みありがとうございました。

Q&A

​Q.申し込みできる対象者を教えてください。

A.教育機関(小学・中学・高校・大学など)の関係者(教職員・保護者・生徒・学生)の申し込みであること。かつ、授業・講義内で上映することが条件となります。

​Q.料金はかかりますか?

​A.上記条件での申し込みであれば、料金は無料です。

​Q.上映の形式は何ですか?

​A.ストリーミング(YouTube)を基本としております。

インターネット環境を用意できないなど、やむを得ない場合は、DVD・Blu-rayの貸し出しも行っております。その場合は恐れ入りますが、着払いでの発送、ディスクは要返却となります。

​Q.アンケートは上映後、必ず実施しなければなりませんか?

A.視聴した皆さまからのご意見・ご感想を頂戴したいという思いもあり、無料でのご提供をさせていただいております。ぜひご協力を賜りますよう、お願い致します。

​Q.教育機関ではないが、上映会をしたい。

A.ご興味を持っていただきありがとうございます。個別に相談に応じますので、「問い合わせフォーム」より一度ご連絡をお願い致します。

問い合わせフォームはこちら